加圧トレーニングのメリット

加圧トレーニング(血流制限トレーニング)とは

 加圧トレーニングは、腕や足の静脈を専用のベルトで圧迫し、血流を制限した状態で行うトレーニングのことです。静脈を締めることで、血液と一緒に乳酸や疲労による代謝産物が筋肉に溜まることで、大脳は激しいトレーニングをしていると勘違いします。そのため、短時間、低負荷のトレーニングでも、成長ホルモンなどの物質が大量に分泌され、大きな効果を得ることができます。

厚生労働省 e-ヘルスネット 加圧トレーニング

加圧トレーニングの5大効果

効果1:ダイエット効果

加圧トレーニングを行うと、増大する成長ホルモンによって、太りにくい体になります。また、トレーニングによって筋肉が増えると基礎代謝が向上し、脂肪が燃焼しやすい体になります。

効果2:血行促進

加圧と除圧を繰り返すことで、血管の弾力性がアップします。血行がよくなり血流量も増えるので、新陳代謝が活発になります。血行がよくなることで、冷え性や肩こりなどの不調が改善することも期待されます。

効果3:回復力アップ

加圧トレーニングを行うと、骨折や肉離れ、捻挫などのケガからの回復が早くなるとの研究データがあります。これは、成長ホルモンによって筋肉や骨の修復が早まるためと考えられています。

効果4:筋力アップ

軽い負担で高い効果が得られるので、トレーニングを続けやすく、ケガもしにくいため、効率よく筋力アップができます。また、低負荷でけがをしにくいことから、老若男女どなたでも実践できるという特徴もあります。

効果5:若返り・美肌

加圧トレーニングをすると、通常の約290倍の成長ホルモンが分泌されるという研究結果が出ています。成長ホルモンには、体の修復を促すとともに肌のハリやツヤの向上や脂肪のつきにくい体になるなどの効果があります。